Kindle Paperwhite 購入しました

すでに100万回くらいは記事にされているんじゃないかと言う記事を書いてみるよ

というわけでKindle Paperwhiteを買いました。なんとなく。

8222584425 574a291a6a b

手前:Kindle 奥:iPad mini

 

買うには買いましたが、Kindleマンセーする気はさらさらないのでiPad miniと比べて思った事などを適当に。

 

じつは以前からこの手の端末欲しいなあと思っていて一時期SonyのReader T2も買おうかと思ったのですがなんとなく時は流れ、iPad miniを手にしてからはそれにかなり満足していたのでどうしても!というほどではなかったんですけど渋谷のBICに行ったらたまたま3G版のラスイチがあったので買いました。

スペックだとかそんなのはまあ至る所で説明されてるので割愛しますが、初めてEインクの端末で本を読んでみた感想としては「あ、思ってたよりいいな」でした。Eインクはお店では見てたけど家でじっくりみると確かに疲れない、気がする。Eインクならではの表示切り替えの遅さはご愛嬌。

8222568149 7d8789d678 b

左:iPad mini 右:Kindle Paperwhite

 

でも電子書籍の為に買うのであれば、予算が許すのであればKindleよりiPad miniをすすめますね。人によってはEインクの方が目が疲れないから好きかもしれませんが、それを補ってあまるきびきびとした動作はストレスが無くていいです。

Kindleしか知らなかったり慣れればたいした事無いのかもしれませんが、最近iPadを買ってKinoppyで本を読んでいる親にはKindleは勧められないなあ、とも思いました。

というのも親がiPadで読んでいて一番助かるのは処理速度(多分使っている本人は気がついていないと思うが、タップしてすぐに反応があるのは重要。インジケータもなしに待ち状態だと初心者はあれ???と思って混乱する)と、文字の大きさを柔軟に変更できるズーム機能なんですね。Kindleではここら辺が弱いのであくまでも「わかっている人向け」だなあと思いました。

あと、Kindleは当然KindleStoreの本しか読めませんがiPadなら(別のアプリになってしまいますが)iPadならいろいろ選べますから、読みたい本が見つかる可能性も高いです。

 

8222573843 6a859d848a b

写真は奥から、iPad3、iPad mini、Kindle PW、iPhone5

 

あと本体の小ささは画面が小さいことに直結するので漫画とかの見開きはやっぱり厳しい。Kindleにも見開きで2ページ表示できる横画面モードはありますが、当然文字も小さくなるので使う気にはなれませんでした。(文字だけのデータの本なら見開きという部分が無いので問題ないです)

またKindleでは当然ながら本体メモリ(2GB)の分だけしか本体に入れておけないのでそんなにたくさん詰め込んでおく事はできません。自分でやってみたら漫画だと20〜30冊でした。でも文字データの小説とかならもっと入ります、500冊くらいかな?当然、書籍のデータ容量によりますが。

なので、漫画とかある場合は全部入れっ放しにしておくことはできないので、必要なときにAmazonのクラウドからダウンロードしてくるという使い方になります。ダウンロードも一瞬というわけではないので漫画とかいつでも読めるようにしておきたい場合はiPadの大きい容量のを買った方が幸せになれます。

あ、容量というのを考えるとPaperwhiteではなくてKindle Fireとかにすればいいのかな。まあでもあれ買うなら普通にAndroidのタブレットを・・・げふんげふn。

 

なんか読み返すとKindleイマイチな子みたいになってますが、寝転がったりしながら読むには少しでも軽い方がいいので結構使ってます。寝る時に布団の中で読むお供になりそうです。まだ外には持っていっていませんが、電車の中とかで読むときもiPad miniより小さく軽いので活躍してくれそうです。

 

あ、カバーは店頭では微妙なのしか売ってなかったので、結局Amazonで純正のブラウンのを注文しました。

IMG 0489

店頭では純正のは黒とピンクしか売ってないらしいのですがAmazonだといろいろあります。

この写真だとけっこう明るいように見えますが、実物はもうちょっと落ち着いた感じの色です。本体が軽い分カバーも結構重くなるのですが、閉じたときにスリープしてくれる機能があるのでちょっと便利です。しばらく使ってみようと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>