iPhoneとAndroidの同時開発の悩み

iPhoneとAndroidを同時に開発するときの効率的な方法を考えねばならぬ。

あ、先に行っておきますが答えはないですよ。まだ悩み中。

 

というのも、

 

進んでいるときはまだいいのだけど、手戻りが発生する(しそう)な時のリカバリが両方にかかってしまうのであります。まあ手戻りさせんなって話ではありますけどね。そうそう理想ばかりではないのも実情。

おそらく、どちらかを先に片付けて(FIXさせて)から追従するというのがまあ一般的ではあるのだけど正直それは付け焼き刃という気がしてるというか、大きい実装になった場合タイムラグが大きすぎるし、できればやっぱり両方同時にリリースしたい。

 

を、踏まえて、方法としては

 

1:両方に手戻り覚悟で同時進行

2:どちらか実装してから追従

3:ワンソースで両方に使える環境で開発する(TitaniumとかUnityとか)

4:UI等まったく違うものにして互いの進捗に関係なく作れるようにする

 

1、2、3はよくある話なんだけど、4もちょっと面白いんじゃ無いかと思っている。まあ作業も予算もがっつり増えるわけですが。

 

4のメリットとして

・iPhone、Androidに特化したUIを設計・デザインできる

・2パターンあるのでどちらがユーザの好みかというリサーチができる

ていうのが考えられる。

 

まあ現実問題として「あの機能、iPhoneにあるんだからAndroidにもつけてよ!」となるのは目に見えているから、お互いに干渉しないというのはまず無理だけど。

 

どうしたらいいのかな。

One thought on “iPhoneとAndroidの同時開発の悩み

  1. Pingback: [iPhone Focus] 全く新しいiPhoneアクセサリと周辺機器。新発想のガジェット・製品に心が踊りますね!他 | 覚醒する @CDiP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>