2014年の抱負

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

いつもは砕けて適当に書いているブログですが、新年一発目は真面目に書きたいと思います。

さて、今年の自分の抱負ですが「稼ぐ」というのを掲げることにしました。

しょっぱなから金や仕事の話か、という感もしなくはないですが、今日はそれに関する思いなどを思いつくままに書いておきます。意思が弱くならないためには言葉や文章に残すのは重要だと思うので。

昨年を振り返ると、色々…というほどでは無いですが、自分の境遇や今後の事を考えずにはいられない出来事が幾つかありました。

中でも最も大きかったのは父がリンパ腫という血液のがんになった事です。

余談ですが腫瘍などのがんは「癌」と書くのですが、リンパ腫は少しそれらとは特徴などが異なるため平仮名で「がん」と書くそうです。親との会話は少ない自分ですが、流石にそれなりに調べました。調べたと言ってもネットでですが、このような情報も無かったらもっとパニックになっていたかと思います。

流石に母は慌てていて若干パニックになった時もありましたが、幸いな事に父の治療も功を奏して快方に向かい、今は完治とまではいきませんがほぼ通常の生活を送れています。また余談ですがリンパ腫では「完治」の判定が実質不可能なため、本来であれば「寛解」というのが正しい表現です。

個人的な都合で実家に戻り、2年も経たないうちにこのような状況になったのは、正直苦しい思いも多々あるのですが、今まで全く大病を患った事のない父がこのタイミングでこうなったのは、自分が実家に戻ったのはつまりはこのためだったのかとも思わずにはいられません。

とはいえ、自分も落ち着いている風で内心焦ってたりどうしていいか分からない時期もあったため、その節では色々とご迷惑をおかけしたり、連絡が滞ってしまった方などもいて、大変失礼を致しました。

遅ればせながら、お詫び申し上げます。

閑話休題

「稼ぐ」ということについてですが、自分は今まで親兄弟や出会った方々に恵まれ、それほど「お金」というものを忌みするような事はなく過ごすことができました。

自分でもそれなりに努力はしてきましたが、学業について経済的援助を惜しまない両親や、それが可能だった家庭状況、そしてその努力を認めてくれる方々に恵まれたという事実は間違いなく存在し、その結果今の自分があるのは大変嬉しく思っています。

何人かには機会があると話している事ですが、自分は高校中退、フリーター、大検取得、専門学校、大学、という恐らく普通ではない学歴を辿ってきました。ちなみに現役との差で言うと3年ほど遅れています。

なので、かどうかは分かりませんが、今書いた「普通」という言葉にも非常に違和感があったりします。何が「普通」なんだ、と。

ですが、やはり「普通」というものに対する憧れがある反動というのも事実で、高校中退以降「普通」に成りたくて自分なりにやってきた事も少なからずあると思います。

こんな感じで「普通」、特に学歴に対する「普通」に屈折した感覚を持っているので、自分には少なからず「普通」ではない面があるのだろうと思っています。

ただ、流石に年月を経て、先に書いたように周りの人達にも恵まれて、今では、普通でない面もあるだろうというのも受け入れ、変な憧れや極端なコンプレックスは無い、と思っています。悪い言い方をすれば開き直りかもしれませんが。

恐らく今の自分は世間一般から見れば極々普通の生活を送れており、仕事の愚痴を言ったり、旧友と力が抜けるまで笑えたり、更には家族の病気とか、諸々含めて普通なんだな、と気がつきました。

別に「普通」に憧れがあって努力したとか、そういう意識は全くないのですが、気がつけばそこにいた、という感じです。繰り返しになりしつこいかも知れませんが、周りの人に恵まれたという運はあったかと思います。今でこそ少なくなって来ましたが、高校中退した当時は「要大卒」の仕事や価値観の人は非常に多く、今でもそれなりにいるとは思いますが、そのようなフィルターで人生を、少なくとも今までは、弾かれなかったのは、本当に家族を含めて周りに恵まれていたという以外にありません。

とは言うものの、先述の親の病気なども10万人に数人という確率らしく、それも含めてその時は「普通ではない」と思ってしまっていたのも事実です。精神的にも疲れたために開発者向けの勉強会にもほとんど参加しなくなった時期もありました。

しかし、幸いな事に父の状態も改善してきて、自分にも若干の余裕が出てきたのもあり、改めて勉強会などにも参加させてもらうと、そこでエネルギーを貰った、のだと思いますが、徐々に精神的な充実感を得られるようになりました。

落ち着いたところで、昨年末くらいからですが、冷静に振り返ると、物事はやはり移り変わるのだな、と思いました。今までもそういう感覚は持っていたのですが、また違う局面から感じ、自分も何か変わりたい、変わるべきなのか、と漠然と思ったのです。

また、昨年は仕事を辞めてフリーランスになった人などを今までより何故か身近に感じる年でもありました。

更に、年齢的にも、ここで稼がなければいつ稼ぐんだ、という時期になっています。今まで、一人暮らしで節制したことはあれど、それほど生活に困窮するようなこともなく、また結婚もしていないため「稼ぐ」という感情が稀薄であったことも、色々考えている途中で気がつきました。

そして、結果として新年の抱負としては月並みであるかもしれませんが、仕事を頑張るそして稼ぐ、という思いに至りました。

「稼ぐ」というとお金の面が強調されるため、人によってはネガティブなイメージに捉えられがちですが、違法な行為は論外ですが、稼ぐためには相応の人間になることも必要なのは今までの経験からもわかっているつもりですので、それも含めて「稼ぐ」というのを意識して過ごしたいと思います。

具体的に何をするかという点については、まだ考えている途中ですが、まずは仕事を今よりは増やします。物量的にまだ増やせるのは自分の感覚で分かっているので、まずはそういった時間の使い方の面から見直します。倒れない程度に。

ついでに

祖母から母に伝わって聞いていた言葉だと思うのですが「自分で学んで得た知識は、他人に、どんな泥棒にも絶対に盗まれないもの」という言葉が記憶に残っています。恐らくそのような思想を持つ親だったので、高校に一度は挫折したにも関わらず、その後の学業に関する費用には惜しみない援助してくれたのだと思います。

もしいつか自分が親になっても、この考え方は伝えていきたいです。

あいかわらず、纏まっているようないないような長文になりましたが、改めて、本年も宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>